2017年4月12日 (水)

教育展望04月号 1部448円(税別・送料別)

Cover201704










特集 新学習指導要領への対応
●「社会に開かれた教育課程」の意義と方策・・・大杉住子
●新学習指導要領が問うこれからの小中連携のあり方・・・酒井 朗
●改訂学習指導要領と「カリキュラム」という言葉・・・冨士原紀絵
●カリキュラム・マネジメントを活かしたこれからの学校経営・・・大野裕己
●主体的・対話的で深い学びによるこれからの授業改善・・・藤江康彦
●新しい視点に立った学習評価のあり方・・・西岡加名恵
●新学習指導要領に向けた教職員の意識改革への取組・・・寺崎千秋 
巻頭言
●「PISAショック」から12年・・・杉野 剛
わたしの教育実践
●磐梯町幼小中一貫教育について・・・福島県磐梯町立磐梯幼稚園、磐梯第一小学校、磐梯第二小学校、磐梯中学校
提言
●時間の再検討からSchool Based Curriculum Development(学校に基礎を置くカリキュラム開発)へ・・・松井千鶴子
きょういくフォーカス
●「書く」だけ目標達成、四技能のバランス取れず・・・渡辺敦司
わたしはなぜ教育の道を志したか
●中野 光
ビューポイント
●教員の「働き方改革」を思う・・・野口潔人
展望らいぶらりぃ
●『アクティブ・ラーニングに対応した道徳授業~多様で効果的な道徳指導法』・・・鈴木明雄
●『学びとは何か─〈探究人〉になるために─』・・・小島 宏

« 前へ | メイン

コピーライト

  • Copyright 2009 Japan Educational Research Institute. All rights reserved. Designed by TypePad